相続が発生すると相続弁護士が必要になる場合が多いです。

分割できない相続財産

 財産には簡単に分割する事が出来る物も有りますが、中には分割する事が出来ない物も有ります。例えば車、不動産、会社等です。これらはいくつも所有していればその人数で分割する事が出来る場合も有りますが、複数の相続人が居る場合はなかなか簡単に分ける事が出来ない場合も少なくありません。財産分与は現金しか残っていなければ簡単に行う事もできますが、不動産の場合はどのような広さか、どういった状態になっているかによっても分割できるかどうかが変わってきます。

 そのため、こうした分割出来ない財産については、現物分割、換価分割、代償分割、共有と言う方法を取る事になります。これであればもし分割する事が出来ない、バラバラにする事が出来ないとしても相続問題に対処する事が出来るようになるからです。現物分割は、土地や建物をそのままの状態で象族する物になります。しかしこの場合は相続人に不公平感が生まれてしまう事も有ります。また換価分割は現物分割が出来ない場合でも、それを売却して得たお金を分配する事ができます。代償分割は不動産を相続した人が他の相続人に見合う現金を渡す方法です。それが出来なければ共有、という形を取り共有財産にする事になります。

 ただ車や不動産等は簡単に分割する事が出来ないものですが、何らかの方法によって相続人に同じ様に配分する事は可能です。またその場合は生命保険金を充てる事も出来る為、そのままの状態では分割する事が出来なくても、100%分割出来ないとは限りません。

 そして、実は、そもそも相続は必須ではありません。相続をしたくない場合は相続を放棄することができます。相続放棄をすれば、面倒な相続の手続きから逃れることができます。しかし相続を放棄するというのは影響が大きい法律行為ですので、相続放棄弁護士に相談してから本当に相続放棄をするのか決める方が良いと言えます。