相続と弁護士

相続が発生すると相続弁護士が必要になる場合が多いです。相続は相続財産の分割や、遺言書があればその執行、相続税に代表される税金の問題もあります。
もし相続財産が多い場合は、どれも専門家のアドバイスなしには適切に解決することが難しい問題です。

具体的な事案で相続に関連する問題について考えてみます。

相続が発生する場合

 相続は、突然やってきます。病気で被相続人が亡くなった場合や交通事故で被相続人が亡くなった場合など、どうしても予期できない場合があります。そのため、一体何をすれば良いのかわからないことが多いと思います。

 高齢者は視力や反射のスピードが落ちがちです。高齢者の交通事故がニュースで報じられることも増えてきたような気がします。日本が高齢化しているから統計的に当然の現象なのかもしれませんが。

 高齢ドライバーの事故で多いのは、主に次の三つです。日中や低速で運転している時に、一時停止を行わなかったり、安全確認を行わなかったりすることによる出会い頭の衝突事故。アクセルとブレーキの取り違えなど、運転上の操作ミス。そして高速道路での逆走です。

 昼間、また低速での運転時に事故を起こすのは、加齢などの原因により視力が低下していたり、視野が狭くなっていること、それから反応時間が遅くなっているということが考えられます。一時停止や安全確認を行わないことによる出会い頭の事故が多いのは、停止標識を見落としていたり、漫然と運転していたり、判断機能が低下してることが原因と思われます。

 ある調査によると、高齢ではないドライバーと比べて、高齢ドライバーが道路案内標識を判読できる距離は約半分であることが分かっています。また、道路の前方の信号が赤であることに気がついてからの停止距離も、若年ドライバーに比べて約3メートル長くかかることが分かっています。高齢ドライバーの判断能力が低下していることと、筋機能が衰えているためと思われます。

 また、長年運転してきたことにより、自身の運転能力を過信している可能性が指摘されています。経験則に則って、一時停止すべき場所や安全確認を行うべき場面で、ここは徐行で問題ない、確認しなくても大丈夫、などと考えてしまう傾向があると考えられます。

 こういったことが重なり、交差点などでの出会い頭の事故などが起こると考えられています。

 免許証は自主的に返納できる制度がありますが、高齢ドライバーは長年運転してきた自信とプライドがあり、また日常生活の必要性から、返納するドライバーは多くないのが実情です。それでも交通事故は被害者には全く過失がなくても起きる場合があります。被害に遭ったら交通事故弁護士に相談しましょう。愛知県では交通事故弁護士名古屋が良いでしょう。経験が豊富で被害者側専門の弁護士です。訴訟を前提に示談交渉ができるため裁判基準と呼ばれる基準で交渉に臨めます。

相続が発生した場合

相続が発生した場合に問題となるケースについて考えてみます。

分割できない相続財産

 財産には簡単に分割する事が出来る物も有りますが、中には分割する事が出来ない物も有ります。例えば車、不動産、会社等です。これらはいくつも所有していればその人数で分割する事が出来る場合も有りますが、複数の相続人が居る場合はなかなか簡単に分ける事が出来ない場合も少なくありません。財産分与は現金しか残っていなければ簡単に行う事もできますが、不動産の場合はどのような広さか、どういった状態になっているかによっても分割できるかどうかが変わってきます。

 そのため、こうした分割出来ない財産については、現物分割、換価分割、代償分割、共有と言う方法を取る事になります。これであればもし分割する事が出来ない、バラバラにする事が出来ないとしても相続問題に対処する事が出来るようになるからです。現物分割は、土地や建物をそのままの状態で象族する物になります。しかしこの場合は相続人に不公平感が生まれてしまう事も有ります。また換価分割は現物分割が出来ない場合でも、それを売却して得たお金を分配する事ができます。代償分割は不動産を相続した人が他の相続人に見合う現金を渡す方法です。それが出来なければ共有、という形を取り共有財産にする事になります。

 ただ車や不動産等は簡単に分割する事が出来ないものですが、何らかの方法によって相続人に同じ様に配分する事は可能です。またその場合は生命保険金を充てる事も出来る為、そのままの状態では分割する事が出来なくても、100%分割出来ないとは限りません。

 そして、実は、そもそも相続は必須ではありません。相続をしたくない場合は相続を放棄することができます。相続放棄をすれば、面倒な相続の手続きから逃れることができます。しかし相続を放棄するというのは影響が大きい法律行為ですので、相続放棄弁護士に相談してから本当に相続放棄をするのか決める方が良いと言えます。